アトピー皮膚炎 アトピー治療 ステロイド剤などについて

FrontPage

アトピーと治療

アトピーを理解する。

  • アレルゲン(*)などに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚される。そして、掻きむしり、皮膚の壊しにより炎症がさらに広がる症状です。

(*)アレルギー反応(An allergic reaction)のうち、IgE 抗体が関係する抗原性物質

  • しかし、アトピーの原因は皮膚そのものにあるわけではありません。生活している環境や精神的ストレスなど主な原因といわれていますが単にこればかりでなく、いろいろな原因があるのです。

atopy-baby

アトピーはアレルギーの一種

「抗原抗体反応が起きて病的症状が現れる状態、つまりある物質の摂取または接触で、生体内に抗体が生成され、ふたたび、同じ物質の摂取または接触により抗原抗体反応がでる」このアトピーアレルギーを簡単に言うとこういうことになります。

アトピーの発症と治療  

アトピーの発症

  • アトピー症状の原因は、ウィルスなどで発症する感染症とは違っていること。
  • 共通因子というのは見られるが多岐にわたり、人により「原因」が異なってくること。
  • アトピーで悩んでいる方に完全に共通した原因というのが存在しないこと。
  • アトピーとは、共通する特定の発症因子により引き起こされるのではない。個々に異なった原因により共通の症状が引き起こされる「症候群」的なものと理解されている。

アトピーの治療

  • 精神的ストレスを貯めない。(一言で貯めないように、というのは簡単であるが・・)
  • 過労、緊張、悩みなどのストレスもアトピー悪化の引きがねになる。
    • 例えば、学校生活から解放されたとたんにアトピーの症状が引いた子どもの例もある。
    • 反対に新しい仕事による緊張がアトピーの再発に繋がってしまう例もある。

ステロイド剤による治療

  • 現在のアトピー治療は副作用が強いステロイド(Steroid)などを使用して、単に皮膚の表面を薬で処理する場合がほとんどです。

アトピーと自然治癒 

十分な量のきれいな血液が、体のすみずみに循環すること。
体のすみずみの細胞に酸素、水、栄養を運ぶのは、血液です。
つまり自然治癒力が正常に働く条件は、酸素、水、栄養を運ぶの3点に集約されます。

アトピー商品の通販口コミ

○夜中にかゆさで目が覚めるのが、以前は何度もありましたが、近頃は、朝まで眠れるようになりました。

○アトピーで、顔や首をかきむしるため、衣類に血がついていたり、皮膚がボロボロになったりと、とても気になっていた。見たところ以前よりお肌がツルツルしてきたような感じがします。

○使うほどに肌がひきしまってきて、毛穴がめだたなくなりました。3年前はファンデーションも塗れないほど肌が荒れていましたが、今はファンデーションののりも良く快調です。

○サンプルだけでは量が少なく、効果を実感するまでにはなりませんでしたが、いいかも!という感触でした。


○肌トラブルもなかったので、敏感な方でも使えるかと思います。ただ量が少ないので全身に塗るとあっという間になくなります。

○脱ステロイドを目指して購入しました。伸びがいいクリームで肌によく馴染みます。乾燥を防いでくれるので痒みが治まりました。

○子供に使用してます、臭いはかなりきつめですが、塗ってすぐにかゆみが和らぐようです。普段薬を塗るときはとても嫌がりますが、このクリームは嫌がりません。

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional